ヤリスクロスとC-HRの比較

トヨタのSUVとして、ヤリスクロスとかなり近いポジションにいるのがC-HR。

ボディサイズも近いこともあり、正直ヤリスクロスはC-HRのフルモデルチェンジなのでは?とかC-HRはいずれ廃止するのかと思った人も少なくないのではないだろうか。

ヤリスクロスとC-HRはどこが違うのか、その比較を今回お伝えしたい。

ヤリスクロスとC-HRの違いと比較

ヤリスクロスとC-HRの比較

ヤリスクロスとC-HRのボディサイズを比較

ヤリスクロスとC-HRのボディサイズを比較した表が以下の通りだ。

比較表

ヤリスクロス C-HR
全長 4180mm 4360mm
全幅 1765mm 1795mm
全高 1560mm 1565mm
ホイールバース 2560mm 2640mm

ヤリスクロスよりもC-HRの方がボディサイズが全長180mm、全幅30mm、全高5mm大きく、ホイールベースが80mm長くなっている。

ボディサイズは近いものの、ヤリスクロスはBセグメントSUV、C-HRに関してはCセグメントSUVとカテゴリーが異なる。

リヤシートバックの分割比率の違い|4:2:4分割か6:4分割か

ヤリスクロスのシートバックは4:2:4分割可倒式リヤシートとなっている。

それに対して、C-HRに関しては6:4分割可倒式となっている。

エンジンのラインナップの違い

ヤリスクロスのエンジンには、ガソリンとハイブリッドモデル共に直列3気筒1.5Lのダイナミックフォースエンジンが採用されている。

C-HRに関しては、直列4気筒1.2Lのダウンサイジングターボとなる8NR-FTS型エンジンをガソリンモデル、直列4気筒1.8Lの2ZR-FXE型エンジンをハイブリッドモデルに採用している。

ヤリスクロスにはハイブリッドモデルにも4WD(E-Four)を設定

駆動方式に関してC-HRは、ガソリンモデルには2WDと4WDの両設定がされているが、ハイブリッドモデルに関しては2WDモデルのみの設定となっている。

一方、ヤリスクロスに関してはガソリンモデルだけでなくハイブリッドモデルに電気式4WD「E-Four」が設定されている所がポイントだ。

GRスポーツモデルの設定有無の違い

C-HRの特徴としては、TOYOTA GAZOO Racingが手掛けた専用デザイン採用や足回り等にチューニングが施されたGR SPORTグレードが用意されている所。

ヤリスクロスに関しては、現時点ではGRに関するモデルのラインアップの情報は出ていない。

先進安全装備の世代の違い

ヤリスクロスの先進安全装備には、ヤリス同様の第2世代トヨタセーフティセンスもしくは2020年内に導入予定の最新型トヨタセーフティセンス搭載の可能性が高い状況。

一方、C-HRに関しては、2019年の大型改良後も第1世代トヨタセーフティセンスが採用されている状況だ。

第2世代トヨタセーフティセンスでは、プリクラッシュセーフティが自転車や夜間歩行者検知対応したり、車線中央維持機能LTA採用等といった最先端の機能が搭載されている点が第1世代と大きく異なる。

ヤリスクロスとC-HRはどっちが買いなのか

ヤリスクロスとC-HRの違い

ヤリスクロスに関しては、ハイブリッド4WDシステム採用や先進装備搭載といった実用的な部分がC-HRよりも優位になる可能性が高い。

C-HRの強み関しては、GRスポーツモデルの設定など走りの部分で優位になると思われる。

両車のイメージとしては、

  • ヤリスクロス:実用的なコンパクトSUV
  • C-HR:スポーツカーのようなコンパクトSUV

といったキャラクターの違いになる可能性が高い。

具体的な走りの違いに関してはヤリスクロスの市販後に試乗しないと答えは出ないが、現状では以上のポイントがヤリスクロスとC-HRの大きな違いとなる。