ヤリスクロスとキックスの違いと比較

ヤリスクロスと真っ向勝負になると見られるのが日産のキックス。

日産は、ジュークの代わりに日本では新型の小型SUVとしてキックスを導入することとなった。

今回、2020年に同じBセグメントSUVとしてデビューするヤリスクロスとキックスを比較した内容をお届けする。

※キックスに関しては正式発表されていないため事前に把握できている情報をもとに作成。そのため今後内容変更の可能性あり

ヤリスクロスとキックスを比較!違いをチェック

ボディサイズを比較

ヤリスクロスとキックスのボディサイズを比較した表が以下の通りだ。

比較表

ヤリスクロス キックス
全長 4180mm 4295mm
全幅 1765mm 1760mm
全高 1560mm 1585mm
ホイールバース 2560mm 2620mm

全長はキックスの方が115㎜大きく、全幅はヤリスクロスの方が5㎜大きい。

また全高に関してはキックスの方が25㎜高く、ホイールベースはキックスの方が60㎜長い。

全体として見れば、両車ともさほどサイズは変わらないと言えるだろう。

ヤリスクロスはガソリンとハイブリッド、キックスはe-POWERのみ

ヤリスクロスに関しては、直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載したガソリングレードに加え、それにTHSⅡを組み合わせたハイブリッドグレードの2種類が用意されている。

一方、キックスに関しては直3 1.2Lエンジンとモーターを組み合わせたシリーズハイブリッド仕様のe-POWERモデルのみとなる見通しだ。

ちなみにキックスに搭載されるe-POWERは新しい高出力モーターを採用した新世代のものとなる所がポイント。

2WD(FF)と4WDの設定の違い

ヤリスクロスにはガソリン、ハイブリッドの両モデルに2WDと4WDの設定がされる。

キックスに関しては4WDはなく2WDのみの設定となる見通しだ。

ベースとなるモデルの世代の違い

ヤリスクロスに関しては、2020年2月に発売されたTNGA-Bプラットフォームを初採用したヤリスがベースになると見られている。

キックスに関しては、海外で2016年から発売されていたモデルを大幅改良という形で日本仕様へ仕立てた形になる見通しだ。

ヤリスクロスは日本国内生産、キックスは海外生産

ヤリスクロスの日本仕様はトヨタ自動車東日本株式会社が生産。

キックスに関しては、タイで生産したものを輸入して販売という形になる見通し。

価格帯の比較

ヤリスクロスに関してはライズ以上、C-HR以下の価格帯となる可能性が予想される。

キックスに関してはハイブリッドモデルのみということもあり200万円台後半に設定される見通しだ。

ヤリスクロス キックス
価格 (予想)190万円~290万円 2,759,900円~2,869,900円

ヤリスクロスとキックスそれぞれの強み。どっちを選ぶ?

キックスの強み

キックスの強みはやはり新世代のe-POWER搭載やアクセルペダルだけで加減速をかんたんに操れる「「e-POWER Drive」モードが楽しめるという所。

ヤリスクロスの強み

ヤリスクロスの強みは、新世代プラットフォームGA-Bが採用されている所や、ガソリン・ハイブリッドの2種類から選べる点、そして2WDと4WDの設定がされている所と言える。

先進装備はいずれも互角か

ヤリスクロス、キックスの先進装備に関してはいずれも未公表の状態ゆえはっきりしたことは言えないが、ヤリスクロスは最新のトヨタセーフティセンス、キックスはプロパイロットといった装備が搭載される可能性が高い。

そこで注目したいのは安全装備。

ヤリスクロスのベースとなるヤリスのプリクラッシュセーフティでは「交差点の右折時に前方から来る対向直進車、交差点右折時の横断歩行者」の検知に対応したことが話題となったことからヤリスクロスでも同様の機能採用の可能性は高い。

注目は、キックスでもそのような交差点シーンに対応したプリクラッシュセーフティが採用されるかどうかだ。

新たに情報が入れば、改めて両車の比較をしていきたいと思う。